フィットネスとは


フィットネスとは、心身の状態が快適なことという意味があります。「フィット=fit(適性)」という意味もあるように、快適な状態でいるための活動をする、セルフケアという考え方がよいでしょう。そのため、体脂肪率や心肺機能、筋力などを維持あるいは向上させる運動に対し、フォーカスされるのです。

フィットネス健康のためのフィットネスは、運動による維持・向上が一般的だと考えられます。有酸素運動無酸素運動によって、心臓疾患や動脈硬化などを防ぐことができます。生活習慣病による死亡率が増加している日本では、フィットネスを考えることが必要とされているわけです。

フィットネスに決まりはありません。毎日ウォーキングをするだけでもフィットネスとして機能しますし、フィットネスクラブで本格的なトレーニングをするのも同じような意味があるでしょう。プロポーションをよくするだけでなく、内面の健康をよくするための運動をすることが大切です。

近年は、運動だけでなく、食生活に対する指導ができるトレーナーのいるフィットネスクラブも登場しました。フィットネスの本来の意味である健康維持のため、誰しもがアクションを起こしやすい時代です。自分でやるかフィットネスクラブへ通うかは自由ですが、ぜひフィットネスに取り組んでみましょう。