無酸素運動

無酸素運動無酸素運動は、主に筋力トレーニングや短距離走が該当します。短時間の運動ですが運動強度が高いトレーニングです。近年は、無酸素運動と食事制限によるダイエットがブームになりましたが、筋肉が付くので基礎代謝量が上がることがメリットでしょう。

フィットネスクラブで無酸素運動を行う場合、最適な順番は無酸素運動のあとに有酸素運動をすることです。マシントレーニングで大胸筋やハムストリングスなどの大きな筋肉を鍛え、その後にランニングマシンでウォーキングやジョギングをします。大きい筋肉を鍛えたあとは成長ホルモンが分泌され、脂肪が燃えやすい状態です。そのため、有酸素運動を始めてすぐに脂肪が燃え、ダイエットもしやすくなります。

筋力をつけるとき、食生活の改善も必要です。具体的にはタンパク質中心の食生活に切り替えるのが有効ですが、肉食中心の生活ではかえって体調を崩してしまうことがあります。そこで、栄養バランスの指導ができる人がいるとよいでしょう。

たとえば、フィットネスクラブでは専属トレーナーが付いているケースもあります。もし、無酸素運動でのトレーニングをしながら筋肉を付けたい場合、トレーナーのいるフィットネスクラブを利用するのもよいかもしれません。

関連HP→ジム・スポーツクラブ・フィットネスクラブなら【メガロス】

有酸素運動

有酸素運動は、健康な身体づくりに欠かせません。心肺機能の維持や向上、脳への刺激、ストレス発散など、心身の健康維持に役立つ効果が期待できるからです。ダイエット目的の人が行うというイメージもありますが、幅広い意味で健康に役立つのが有酸素運動だと言えます。

ウォーキングジョギングやウォーキング、水泳まで、さまざまな運動強度の有酸素運動がありますが、手軽にできるのはウォーキングでしょう。歩くだけと軽く考える人もいますが、長時間歩くことに慣れていない人も多いです。意外と体力を消耗するため、慣れないうちは大変かもしれません。

特に、学生時代は運動部だった人ほど、久々に運動をしたときに体力不足を痛感すると思います。久しぶりの運動でいきなりハードワークをするのは、怪我のリスクが高いです。自分の身体と向き合い、まずは軽い運動から始めるのがよいでしょう。

なお、有酸素運動の時間は20分以上が望ましいです。5分程度の有酸素運動はでは十分な効果が見込めません。20分以上継続することで脂肪も活発に消費されます。ただし、自分の体力に自信がないなら、長時間無理に続ける必要はありません。まずは自分の体力に合ったペースから始めてみてください。次の頁では無酸素運動について紹介します。

フィットネスとは

フィットネスとは、心身の状態が快適なことという意味があります。「フィット=fit(適性)」という意味もあるように、快適な状態でいるための活動をする、セルフケアという考え方がよいでしょう。そのため、体脂肪率や心肺機能、筋力などを維持あるいは向上させる運動に対し、フォーカスされるのです。

フィットネス健康のためのフィットネスは、運動による維持・向上が一般的だと考えられます。有酸素運動無酸素運動によって、心臓疾患や動脈硬化などを防ぐことができます。生活習慣病による死亡率が増加している日本では、フィットネスを考えることが必要とされているわけです。

フィットネスに決まりはありません。毎日ウォーキングをするだけでもフィットネスとして機能しますし、フィットネスクラブで本格的なトレーニングをするのも同じような意味があるでしょう。プロポーションをよくするだけでなく、内面の健康をよくするための運動をすることが大切です。

近年は、運動だけでなく、食生活に対する指導ができるトレーナーのいるフィットネスクラブも登場しました。フィットネスの本来の意味である健康維持のため、誰しもがアクションを起こしやすい時代です。自分でやるかフィットネスクラブへ通うかは自由ですが、ぜひフィットネスに取り組んでみましょう。

始めようフィットネス

健康志向が高まるこの時代、フィットネスという言葉を耳にする機会も増えました。しかし、フィットネスという言葉の意味や内容をご存じでしょうか。

フィットネスとは、心身が快適な状態であるための活動のことです。運動に限らず、食生活も含まれます。フィットネスは方法を限定するものではありません。毎日のウォーキングからマシントレーニング、スポーツまで、すべてがフィットネスの活動になりえます。フィットネスの重要性が浸透しつつある今、フィットネスに取り組むことは大切なことでしょう。

有酸素運動まずは有酸素運動です。手軽にできるウォーキングから始めるのもよいですし、水泳のようなスポーツに挑戦してみるのもいいかもしれません。フィットネスの観点から考えると、慣れないうちは自分の体力と相談しながら取り組むことをおすすめします。20分以上継続してできる運動が有効なので、自分の体力レベルに応じて試してみてください。

また、無酸素運動もフィットネスでは人気です。基礎代謝量がアップするため、ダイエットのために筋力トレーニングをする人も増えています。筋肉を付けるのは食生活の改善も必要です。あわせて取り組んでみるとよいでしょう。専門的なトレーナーが在籍するフィットネスクラブもあります。

当サイトは、フィットネスに関する情報をまとめました。健康が気になる皆さまのお役に立つ情報を発信します。自分に合った運動を考えるときの一助になれば幸いです。